子宮がんになりやすい年齢・年代

子宮がんの基礎知識

子宮がんになりやすい年齢・年代

子宮がんのガイド

子宮がんなりやすい年齢・年代について解説しています!

 子宮がんは、子宮頸がん・子宮体がんそれぞれで原因や発生要因が異なるため、罹患しやすい年齢にも差があります。

ここでは、子宮頸がん・子宮体がんのリスクや原因と、それぞれの子宮がんになりやすい年齢をご紹介していきましょう。

子宮頸がんになりやすい年齢・年代

 子宮頸がんは20〜30歳代と、若い年代に発生しやすいという特徴があります。

子宮頸がんの発生リスクを年齢別に見ていくと、20代後半から発生率が急激に上り、30〜40代にかけて発生率がピークを迎えます。

また、近年子宮頸がんは若い年代の発症率が急増しています。これは、子宮頸がんの主な原因と言われるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染源である性交渉の開始年齢が、年々低年齢化していることが関係していると推測されています。

子宮頸がんのリスク要因としては、性的パートナーが多い、HPV以外の性行為感染症への感染、低年齢での性交渉というものがありますので、性交渉を始めた時点で、定期的な子宮頸がん検診を受けることが推奨されています。

子宮体がんになりやすい年齢・年代

 子宮体がんは50代〜60代に特に多く見られる子宮がんで、発生のピークは50代となっています。

子宮頸がん同様、近年発症年齢層が若年化しつつあり、40歳代の子宮体がん発生率も年々増加傾向にあります。

子宮体がんの主な原因は、女性ホルモンであるエストロゲンの乱れによるものが大半と言われていますが、エストロゲンに関係なく発生するタイプも見られます。

いずれのタイプにしても、閉経後の女性に特に多く見られるがんとなっており、閉経後は些細な不正出血も軽く考えず、少しでも異常を感じたら専門医に診てもらうといった注意深さが重要となってきます。


子宮頸がんも子宮体がんも、近年発症する年代が若年化しつつあります。

既存の年齢・年代別に見た発症率のデータなどを参考にする事も大切ですが、年齢に関係なく、常に自分の身体の出す異常のサインに気を配り、少しでも疑わしいと感じたら専門医の検診を受けるよう心がけましょう。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ