子宮がん検診の内容

子宮がん検診

子宮がん検診の内容

子宮がんのガイド

子宮がん子宮がん検診の内容について解説しています!

 子宮がんの早期発見・早期治療には、定期的に子宮がん検診を受けることが非常に重要となってきます。

しかしながら、子宮がん検診でどのような検査が行われているのか不安に思い、なかなか検診に足が向かないという女性も少なくないようです。

ここでは、そういった方が安心して子宮がん検診を受けることができるよう、子宮がん検診で行われる検査の内容について、簡単にご紹介していきたいと思います(^^)

子宮がん検診で行われる診察・検査

 子宮がん検診は主に「問診・視診・内診・細胞診・コルポスコープ検査」といった診察や検査が行われます。これらの検査の内容は以下のようなものとなっています。

問診

子宮がん検診で行われる問診では、最近の身体の調子や既往症などに関する質問が行われます。

質問の内容は...

  • 月経周期や分泌物の異常の有無
  • 妊娠や出産の経歴
  • 6ヶ月以内の不正出血や痛みの有無
  • 子宮がん検診の受診有無

といったものがあり、主に子宮がんの初期症状があらわれていないかチェックします。

視診

視診は、問診の内容を参考としながら実際に子宮頸部の状態を目で見て確認します。

視診には膣鏡(クスコ)という器具が用いられ、膣部に挿入し、おりものの状態や炎症・裂傷の有無を確認します。

内診

内診では、医師が直接膣に触れてその状態を診察します。

内診で行われるのは双合診(そうごうしん)という診察で、片手の指を膣に挿入し、もう片方の手で腹部を押さえて、双方の手で挟みながら触診するというものです。この触診で、腫れやしこりがないかを判断します。

細胞診

細胞診は、子宮頸がんの発生しやすい子宮頸部や膣部の粘膜を採取し、顕微鏡で観察をする検査です。

子宮頸部や膣部に専用の綿棒やブラシなどを挿入して細胞を採取するのですが、月経直前・直後には、検査に必要は細胞の採取が難しいため、検査を受ける時期を見極める必要があります。

コルポスコープ検査

コルポスコープ検査は、子宮頸部や膣の表面を拡大する「コルポスコープ(膣拡大鏡)」という検査機器で行う検査です。

この検査は細胞診の結果と併せて診断を行います。細胞診・コルポスコープ検査は共に精密検査で行われることが多いため、子宮がん検診では必要に応じて行われる検査となっています。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ