子宮がん検診の費用

子宮がん検診

子宮がん検診の費用

子宮がんのガイド

子宮がん検診の費用について解説しています!

 子宮がん検診の費用は、お住まいの地域や加入している健康組合、受診する病院や施設によって異なってきます。

また、定期的に行われている自治体などの公的な子宮がん検診や会社で行われる健康診断、婦人科などで個人的に受ける検診など、どういった状況で検診を受けるかによっても費用に差が出てきますので注意が必要です。

自治体で行われている公的な子宮がん検診(住民健診)

 自治体で行われている公的な子宮がん検診(住民健診)を受診する場合の費用は、無料〜2000円程度となっています。

この検診は20歳以上の方が対象となっており、自治体によって年に一度、もしくは二年に一度受診が可能となっています。

職場の健康診断で子宮がん検診を受ける場合

 職場の健康診断で子宮がん検診を受ける場合、その費用は無料〜2000円程度となっています。

この費用は、会社側からの補助の有無、加入している健康保険の種類によって異なってきますので、受診前に料金を確認し、疑問がある場合は会社や健康保険組合に問い合わせをする事をおすすめします。

個人の意思で婦人科を訪れ、子宮がん検診を受ける場合

健康組合に加入している方が子宮がん検診を受ける場合、加入している健康組合によって費用が異なってきます。

一例として、協会けんぽに加入している方が子宮がん検診を受ける場合、最高6,520円の補助を受けることができるようになっています。

自己負担額はこの補助額を差し引いた額となりますので、予約時に費用がどれほどになるか確認しておくと良いでしょう。

乳がん・子宮頸がん検診は40歳以上の偶数年齢の女性で受診を希望する方、子宮頸がん検診(単独受診)は、20〜38歳の偶数年齢の女性で受診を希望する方が対象となります。

個人の意思で自発的に婦人科を訪れ、自費によって子宮がん検診を受ける場合の費用は、3,500円〜6,000円程度と言われています。

しかし、これはあくまで基本的な検査の費用となっており、精密検査などが必要な場合は13,000円〜15,000程度請求されるケースも少なくないようです。

自費による子宮がん検診は、行われる検査の内容や、実施する医療機関のよって検診の単価が異なってきますので、事前にしっかりと確認する事が重要となってきます。

なお2009年度以降、がん検診の受診促進のために、自治体単位で子宮頸がんの検診が無料となるクーポンが発行されるようになりました。

子宮頸がんの無料クーポンは、一般的に「20歳、25歳、30歳、35歳、40歳」の女性を対象に発行され、住民票のある自治体より送付されます。

子宮頸がんの無料クーポンを利用することで、問診・視診・細胞診・内診といった検診を受けることができます。

検診の内容は住民健診と変わらず、最近の身体の調子や既往症などに関する「問診」から始まり、子宮頸部の状態を目で確認する「視診」、直接膣に触れて状態を診察する「内診」が行われます。

そして、子宮頸がんの発生しやすい子宮頸部や膣部の粘膜を採取し、顕微鏡で観察をする検査(細胞診)がなされます。

このクーポンに記載されている婦人科や医療機関に予約を入れることで、子宮頸がん検診を無料で受けることが可能となりますので、ご自分のスケジュールに合わせて上手に活用することをお勧めします。

クーポンなどを利用して子宮がん検診を受けるメリット

子宮がんは、検診を定期的に受けることで早期発見ができ、早期治療で完治できる可能性が高い病気です。

2009年以降は子宮頸がんの検診が無料となるクーポンも発行されていますので、子宮がん検診を受ける上でのハードルも低くなってきています。ぜひ、そうしたサービスを利用して子宮がん検診を受けるようにしましょう。

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんの2つがありますが、年に一度、もしくは二年に一度、定期的に健診を受けることでどちらも早期発見が可能です。

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因だということが分かっています。

HPVに感染しても自覚症状はないものの、5〜10年ほどかけてゆっくり進行していくウイルスのため、子宮がん検診を定期的に受けていれば、HPVに感染しているかどうか、子宮頸がんが発症しているかどうかを早期のうちに発見することが可能です。

子宮体がんは、子宮の袋の内側にある子宮膜から発症するがんで、主にエストロゲンによって子宮内膜が刺激されることが発症に影響を与えていると考えられています。

子宮体がんの場合は、初期の段階で不正出血などがみられるため、発見が遅れることが少ないがんとされています。こうした理由もあり、自治体によっては子宮頸がん検診のみ行っているところも少なくありません。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ