子宮がんの症状

子宮がんの基礎知識

子宮がんの症状

子宮がんのガイド

子宮がん症状について解説しています!

 子宮がんは、子宮頸がん・子宮体がんを問わず、初期症状の自覚症状が大変乏しいがんだとされています。

初期段階で痛みや日常生活に支障が出るような不調が出ることはほとんどなく、早期発見される場合のほとんどが、子宮がん検診によるものだと言われています。

しかしながら、子宮頸がん、子宮体がんにも特徴的な症状はもちろんあり、それらの身体の出すサインを見逃さないことが、子宮がんを早期発見・早期治療に結びつく大切な要素となっています。

ここでは、子宮頸がん・子宮体がんの特徴的な症状についてご説明していきたいと思います(^^)

子宮頸がんの症状

 子宮頸がんの見られる特徴的な症状には、性交時の出血があります。

この出血は、子宮膣部・頸部への刺激によって起きるものを指し、月経以外の不正出血には十分注意を払うことが重要になってきます。

また、子宮頸がんが進行すると、この不正出血のみならず、おりものの増加や濁りが顕著になってきます。

これは、がん組織自体やその周辺の細胞の壊死に関わるもので、細胞の壊死によって腐敗菌が繁殖し、血性・膿性のおりものが増えることによるものです。

性交中に激痛を感じた場合や、ごくわずかでも出血が続くといったことがあった場合には、軽く考えず子宮がん検診を受けることをお勧めします。

子宮体がんの症状

 子宮体がんの特徴的な症状のひとつに、おりものの濁りや悪臭があります。

子宮体がんは、子宮内膜にがん細胞が発生するというものですが、その状態になると、分泌されるおりものの色が、黄色や褐色、緑色といったものに変化するケースが見られます。

これは、おりものに血液や膿、壊死した細胞などが混じっている可能性を示していますので、出来るだけ早く婦人科での検査を行うよう心がけましょう。

また、子宮体がんは閉経後の女性の発症率が高いがんです。そのため、閉経後に不正出血が続く、月経痛のような下腹部の痛みがあるといった場合には、子宮がんを疑う必要があります。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ