子宮がんの基礎知識【目次】

子宮頸がんは20代〜30代の若い女性に急増中!

40代以降からリスクの上がるがんが多い中、子宮頸がんは比較的低い年齢から発症する可能性のあるがんです。特に最近は、20〜30代の女性に急増していますので、若いからといって決して油断はできません。

ただし子宮頸がんは、定期的に検診を受けることで早期発見しやすいがんでもあります。

なぜ子宮頸がんが若い女性に増えているのか、また何歳ぐらいから検診を受けるべきかなどについてご紹介していきます。

続きを読む

子宮頸がんの発生部位と子宮の構造

子宮は、「子宮体部」と「子宮頸部」の2つに大きく分かれます。このうち、子宮頸部にできるがんが子宮頸がんです。

子宮頸部は、ちょうど子宮の入り口あたりになります。出産の時、赤ちゃんが通る産道にもなる部分です。

子宮頸がんについてより深く知るために、子宮の構造と、子宮頸がんの発生部位について詳しくご紹介していきます。

続きを読む

子宮頸がんの発症リスクを高める原因まとめ

子宮頸がんは、他の多くのがんと異なり、生活習慣による病気ではありません。子宮頸がんの原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスへの感染です。

HPVは「乳頭腫」と呼ばれるイボを形成するウイルスで、100以上の種類があります。子宮頸部への主な感染経路は、性交渉です。

ここでは、特に子宮頸がんのリスクを高めるHPVの型や、HPV以外の原因などについてご紹介していきましょう。

続きを読む

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染から子宮頸がんになるまでの流れ

子宮頸がんも他の多くのがんと同様、通常はゆっくりと進行します。原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に感染してから、数年をかけて子宮頸がんへと進むことが一般的です。

しかも子宮頸がんの場合、外来で簡単に「細胞診」という検査が行なえるため、定期的にがん検診を受けていれば、がん化する一歩手前の「異形成」という段階で発見ができます。

HPVに初期感染してから、子宮頸がんになるまでの流れを詳しくご紹介していきます。

続きを読む

子宮頸がん「扁平上皮がん」と「腺がん」の特徴

子宮頸がんは、がんが発生する部位によって「扁平上皮がん」と「腺がん」の2つに分けられます。膣に近い部位にできるものが扁平上皮がん、奥のほうにできるものが腺がんです。

扁平上皮がんは、場所的に「細胞診」を行ないやすいため、子宮頸がん検診をしっかりと受けていれば早期発見することができます。

扁平上皮がんと腺がんのそれぞれの特徴や、腺がんを早期発見するためのコツなどについてご紹介していきます。

続きを読む

子宮癌の死亡率

子宮頸がんも悪性腫瘍ですので、治療が遅れれば死亡のリスクはあります。近年は、平均して年間2,000〜3000人の女性が子宮頸がんで命を落としています。

しかしがん全体の中では、子宮頸がんの死亡率は決して高いほうではありません。2013年の統計では、日本女性が子宮頸がんで死亡するリスクは0.3%、実に「340人に1人」という割合です。

ただしここ数年、わずかながら子宮頸がんの死亡率は上昇傾向にあります。特に20〜30代の若い女性が命を落とすケースが増えていますので、20歳以上の女性は必ず子宮頸がん検診を受けることが大切です。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ